• ホーム
  • ルミガンジェネリックのケアプロストは低価格

ルミガンジェネリックのケアプロストは低価格

顔を洗っている女性

近年女性の間で話題に上ることも増えているまつ育、いつまでもエクステや付けまつげ、マスカラなどでごまかすのではなく、医薬品として開発された専用のまつげ育毛剤を使って本物の美まつげを手に入れたいという、高い美意識を持つ女性が増えているようです。
ドラッグストアなどで市販されている美容液とは違って医学的に証明されたまつげを伸ばす有効成分が配合されています。
毎日塗布することで確実にまつげが伸びると言われており、生まれながらの長さや太さに関係なくボリュームアップさせられます。

とは言え、美容クリニックで処方されているまつげ育毛剤のルミガンは保険が適用されない自由診療ということもあって、かなりコストがかかってしまいます。
一本手に入れるだけでも誰もが気軽に挑戦できる価格ではなく、しばらく通院するとなると負担に感じてしまう方も少なくないようです。
そこでおすすめなのがルミガンジェネリックのケアプロストで、後発薬ということもあってかなり安価で手に入れることが出来ます。
ケアプロストならルミガンの半値以下で流通しているので、本腰を入れてまつ育ケアに取り組みたいという女性に最適で、ここ数年で知名度も高まり人気が加速しているようです。

使い方もルミガンと全く同じで、就寝前にまつげの生え際にごく少量塗布するだけでしっかりと効果が上がり、目元が徐々に濃くなっていきます。
太さ、長さ共に比較的短期間で効果が実感できるといった口コミも多く、アイラッシュサロンなどで販売されているまつげの美容液よりも安いということもあって、試し始める女性も多いようです。

ただ、ジェネリック医薬品に関してはクリニックによっては扱っていないケースも多く、ケアプロストを処方している病院はまだまだ少ないようです。
患者側から申し出をして見るか、もしくは個人的に海外から買いつけるかの二者選択となりますが、先発薬よりも大幅にコストカットできるので試して見て損はありません。

ケアプロストでもルミガンに効果は劣らない?

ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品となる、まつげ育毛剤として有名です。
先発医薬品のように開発費用がかからないため、ジェネリック医薬品はリーズナブルとなっています。
ただ、先発医薬品とジェネリック医薬品は、効果に差が無いのか気になるという人も多いのではないでしょうか。
実際、ルミガンとケアプロストを比較した際に、まつげが伸びるスピードなどに違いがあるのか気になるところです。

ジェネリック医薬品だからといって、有効成分の含有量が減らされているということはなく、ケアプロストもルミガンにもビマトプロストという、有効成分が0.03%と同じ量配合されています。
同じ有効成分が同じ量、使われているのでケアプロストもルミガンも同等の効果を発揮するまつげ育毛剤です。

ビマトプロストはまつげの成長期を伸ばし、長く・太く成長するのを促す成分です。
またメラニン色素の生成を促す作用によって、黒々と濃いまつげへと成長させます。
まつげが伸びるスピードなどは個人差が大きいので、一概にどのくらい使えば効き目が出るとは言えないものの約2ヶ月から3ヶ月程度使用すれば、違いを実感できるようになるでしょう。

同じ有効成分を使っているケアプロストとルミガン、使い方も同じです。
専用のアプリケーターや綿棒、ブラシなどに液をつけてまつげの根本に塗布するという使い方をします。
今までルミガンでまつ毛をケアしてきたけれど、ケアにかける金額を節約したいという人がケアプロストに変えたとしても、問題なくまつげのお手入れを続けることができるでしょう。

まつげのケアだけでなく、美容は毎日続けてこそ効果を発揮します。
長く続けるということを考えるのであれば、効果はほぼ同じのケアプロストに変えるのも良いかもしれません。

関連記事